篆刻ブログ

篆刻の作り方や、篆刻の情報を、簡単なことばで説明します。

印材を整える(篆刻の作り方4)

篆刻の印材は基本的に「石」です。でも、相当やわいです。ロウセキとは言いませんが、それ系と思っていいですね。(ロウセキって今時通じるのかな?)
 石がきれいなら、彫る面だけやすりがけします。いまいちな場合は、6面全部磨きます。
買った印材は、大抵この3種類です。
    《印材のタイプ》
  1. ピカピカに5面が磨いて、ワックスっぽいものまで塗ってある。
  2. 切り出した後、多少やすりがけしてある。
  3. 多少やすりがけした上に、油っこいワックスが塗ってある。
印材の臘
臘のようなワックスが塗ってある印材

(1)の状態は、高価な材料に多いです(当然だ)。廉価な物でも、なんとかこのタイプとみなせることが多いかと。
(2)の状態は、 安い材料に多いのですが、だからといって悪い材料とは限りません!磨けば、すばらしい材料になる物もあります。丸ノコで切った跡が側面に残っているのは、いただけないので磨いておきたい。
(3)の状態は、安い青田石によくあります。爪で削りとれるくらいのやわらかいワックスというかロウみたいなものです。

ツヤのある印材
高価ではないがツヤのある印材
ワックスというか塗装が施してある
印面の鋸目
彫る面は細かいノコギリ目があるので
#320のやすりで仕上げる


《印材のタイプ別磨き方》
まず目的は、彫る面を平らに整えるためにやります。
上の(1)の時は#320のみでOK。
(2)の場合とかで、すこし修正が必要な時は#180でみがいて、#240〜#320と番手を上げてペーパーがけします。彫る面は#320で最低限いいんですけど、他の5面をペーパーがけする場合は仕上げが#320だと、結構粗い感じになるので、やっぱり#600くらいまでかけたいですね。
(3)の場合は6面かけると、キレイになって印への愛情が高まるんじゃないかな。そのまま紙やすりをかけると、目詰まりしてすぐにやすりがダメになるので、要らないカードとかプラスチックな物で、こそげ取ります。 
耐水ペーパー
耐水ペーパー(#320)ペーパーは2等分か3等分にして使ってます


《初心者にありがちな例ー印面が平らにならない!ー》
それで、初心者によくありがちなのが、平らにペーパーがけしようとして、最初より悪くなる場合です。よくあるというより、人並みの方はまずこうなります。だんだん斜めってきて、机に置くとなんか起き上がり小法師みたいにゆらゆらするーみたいなことになります。そんな時に、いろいろな指導方法(丸を描きながらペーパーがけする、材料の下の方を持つ、2つ一緒に材料を握って等)が言われますが、僕の場合は「さらっとペーパーがけしとく!」です。「だいたい平らっぽいかな」という材料の時、お店の棚にならんでたままじゃ、ちょっとあれなので、#320のペーパーを「さらっと」かけます。はじめての人が、せっかく篆刻をしてみたいと思ったんだから、「ペーパーがけが一番苦労したけど、楽しかったー」なんていう感想になるのは残念なんで、この工程は適当にしときましょう。だいたい押せますから。やっぱり、彫って押すのが篆刻の楽しいところでしょー。
 

篆刻のデザインを練る(篆刻の作り方3)

img-kei-suketch02
こんなスケッチをします

篆刻の難しい所は、はじめての人は大抵、彫る作業だと言い、玄人はデザインすることが難しいと言うでしょう。デザインする作業を印稿(いんこう)を練るとか言いますが、特殊な言葉はあまり使わないことにします。
img-kei-jishoそれで、まずは字書で調べた文字を四角(丸でも不定形でもいいけど、作りたい形)に書き込んで、ラフなデザインを考えます。デザインのまとめかたは、その内容ごとに違ってくるので、語るのが難しいです。まずは、実際にデザインしてみましょう。

img-kei-suketch字書から文字を写して、イメージを考えつつ、スケッチを書きます。今回は、1文字なので、四角の中で少し右に寄せてみようか?とか文字の重心を高くしてみようか?とか、縁の太さをどのくらいにしようか?とか考えてみます。

img-kei-inkou そして、本番のデザインはこんなです。原寸大に書きます。僕は白い紙に黒の墨で書きます。直しは修正液を使ってもいいですけど、細かく修正するには毛筆がいいので胡粉(ごふん)という絵の具を使ってます。本当は、黒い紙に赤字で書くのがちゃんとしたやり方です。
彫るときは、このデザインと寸分違わないように彫るのが目標なので、この段階で細部まで本気のデザインをします。 

彫る文字を決める(篆刻の作り方1)

img-aiko-senbun
篆刻(てんこく)をはじめる第一歩は、何を彫るか決めることでしょう。
文字が基本ですが、図柄を彫った古典(紀元前のハンコなど)もあります。
はじめは、画数の少ない1文字を15mm角くらいに彫るのが、ベターでしょうか。使い道としては、10mmくらいだと、手紙に押すとか、一筆箋とか付箋とかにも使いやすいですが、細かい作業になります。
書道に使う人は、まず落款印(らっかんいん、書作品のサインの一部として押す)を作りたいのだと思いますので、落款印の種類を説明します。
その前に、印には文字を彫るものと、文字以外を彫るものの二種類があります。文字を彫って押した時に文字が白くなるのを「白文印」(はくぶんいん)といいます。反対の文字以外を彫って文字が赤くなるものを「朱文印」(しゅぶんいん)といいます。よく「どっちが彫りやすいですかー?」って質問されますが、人それぞれだと思います。でも白文の方が簡単という意見も多いでしょうかね。

落款印の種類
  1. 姓名印(せいめいいん)
  2. 雅号印(がごういん)
  3. 関防印(かんぼういん)・引首印(いんしゅいん)
代表的には、この3種類があります。(他にもいろいろあります)
伝統的な書道としては、一応ルールがあるので、それも踏まえて説明しましょう。

雅号印
img-dohou18mm 書道をする人は、雅号(がごう)を使うことも多いです。ペンネームとか芸名とかと同じです。作品にも、その雅号を彫った印を押します。たいてい文字が赤になる朱文(しゅぶん)ですが、白文(はくぶん)でも構いません。

姓名印
img-kenin-s 書いた人の姓や名を彫った印です。ふつうは白文(文字が白)で彫りますが、そうでなくてもよいです。 例えば「山田太郎」さんの場合、四角の右上から山田(改行)太郎と彫ります。「太郎之印」と彫ることもあります。姓抜きです。結婚しそうな女性は姓なしで作るとよいとかいう話しもあります。ただし、「山田之印」はNGです。なぜかそういう伝統です。あと「山氏太郎」とか「田氏太郎」とか「山太郎印」とか姓を1文字に省略する場合もあります。これは「中国人みたいでクールだぜ!」ってことだと思います。

関防印・引首印
img-seiitu 書作品の右上に押す印で、たいてい縦長長方形です。おめでたい言葉や、作品に趣を添えるような文言を彫ります。姓名印、雅号印とセットで3つ押すスタイルが、伝統的な漢字作品のスタイルですが、今時な作品は、ハンコ1個だったりします。朱文か白文かはこだわりません。2文字か3文字がよく使われますが、4字〜6字とかもあります。 必ず3個(またはそれ以上)セットで押すので、「雅号印+関防印」とか「姓名印+関防印」という2個セットでは使いません。